top of page
検索
  • kuraxsp

11/5の教室 迷路

子供教室では11/5は「小さい子のための迷路を作る」をテーマに制作しました。

絵を描く上で大事な事

・見る人のことを考える

・わからせなければならない所はわかるように描く

・発想力

などを自然に身に付けてもらう事が目的です。

低学年も高学年も一緒にできるのもいいお題でした。


小4Jちゃん

アリが女王アリの所までたどり着く迷路です。

設定やストーリーも自然に考える事になりますね。

途中に岩があったり、幼虫や蜘蛛がいたり。しかけや楽しみどころもたくさんできました。

アリの黒がはみだしてしまったのですが、上から白で輪郭を描く事を自分で思いつき

対処しました。なかなかやわらかいです。


小1S君

こちらはイワシが群れに戻るというストーリーです。

道を間違えると、渦巻きに巻き込まれたり

知らない間にタコに取り込まれたりします。

道をはっきり塗分ける作業は見た目より注意が必要なのですが、

きっちりわかるようにしました。


他の人は途中なので次回に持ち越しです。

小3Yちゃん

これは木の中です。リスの迷路です。ワープゾーンの仕掛けもあります。

出来上がりが楽しみですね。


小2Yちゃん

ハリセンボンがお母さんの所に向かいます。

海の中で、道に生えてるのはわかめや昆布です。水の表現で泡が描かれています。

この泡の描き方は最初から自分の中にあった様で計画的に描かれたり、

工程を見ていると、自信を持ってイメージを作る力が強いのが感じられました。大切な力です。


小3Iちゃん

こちらはペンギンがおばあちゃんに手紙を届けるというストーリーですが、

お話の要素が非常に盛り込まれています。想像を膨らませて表現する楽しさを味わっているのが伺えますね。


久しぶりに教室の様子

こどもたちはいろんな格好で絵を描きます^^

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page